ジョージ・スミス 逮捕!顔画像 プロフィールは?驚きの年俸も

元ラグビー豪州代表で、トップリーグ・サントリー所属のジョージ・スミス容疑者(37)が昨年12月、タクシー代金を踏み倒し、運転手に暴行を加えたとして、強盗致傷容疑で警視庁府中署に現行犯逮捕されている事がわかりました。


事件の詳細

昨年12月31日午前0時10分ごろ、府中市宮町の路上でタクシーを降り、料金約1万円を支払わずに逃走。追いかけた男性運転手(58)の顔や胸を殴るなどの暴行を加えて約2週間のけがを負わせたそうです。

捜査関係者によると、スミス容疑者は都心で飲酒し、タクシーで帰宅途中だったとみられています。

目撃した通行人が110番通報し、駆けつけた警察官に取り押さえられたとのこと。


ジョージ・スミスについて

生年月日:1980年7月14日
出身地:シドニー(オーストラリア)
チーム在籍歴:2016年入部 2年目(2011-2013年度在籍)

トップリーグでは2011,12年度にMVPを獲得、16年度はベストフィフティーンに選ばれました。
2011年から日本のサントリーでプレーし、トップリーグ連覇、2年連続MVPを獲得。

14年から再び欧州に渡りフランスのスタッド・フランセとリヨン、イングランド・プレミアシップのワスプスでプレーし、16年サントリーに復帰するや優勝に貢献しています。

サントリーサンゴリアスと3年契約を結んだ際には、なんと年俸80万ユーロ(当時約9500万円)と海外メディアで報じられていました。

まさにラグビー史に名を残す活躍をしていた選手です。

なぜこんな事になってしまったのでしょうか・・・。

 

本人・関係者のコメント

スミス容疑者は「酒に酔って覚えていない」などと容疑を否認しているそうです。

サントリーホールディングスの広報部は「被害者、関係者の方々に心からおわび申し上げる。被害者には誠意を持って対応する」とコメントしています。

今後の処分等についてはまだ発表されていません。

 

最後に

またしてもタクシー運転手への暴行事件。

かつて活躍していた選手となると、なおさら残念ですね。

今後の処分、本人のコメントにも注目していきたいと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。