サザエさん新スポンサーは?高須クリニックの敗因と他に負けた企業は?

美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長(73)が、国民的アニメ「サザエさん」の番組スポンサーの入札に負けたことを明かしました。

高須院長が負けた企業とは?他に立候補した企業はあるのか?調査していきます。

最後までどうぞお付き合いください

いち早く名乗り出た高須院長

 

高須院長は、69年10月の放送開始から約48年にわたりCMを提供してきた東芝が番組スポンサーを降板する方向で調整に入ったことを受け、昨年11月にツイッターで「電通とフジテレビにすぐに連絡した。 高須グループのハウスagencyと値段交渉開始なう」といち早く名乗りをあげていた。

しかし30日、「いま広告代理店から報告。『サザエさん』のスポンサー入札に負けてしまった」と報告。「1番に手をあげて『邪魔するな』ってお願いしたのに・・・奮闘努力のかいもなく大企業の皆さんに力負けした。悔しいなう」とつづった。

日刊スポーツより引用

1番乗りで名乗りをあげ、恐らく1番気合いが入っていたのだと思いますが、

努力の甲斐むなしく、負けてしまったようです。

なぜサザエさんのスポンサーに?

高須院長はこれまでもあらゆる団体や地域を支援する活動家として話題にのぼっていましたが、

なぜサザエさんのスポンサーをそこまで希望したのでしょうか?

明確な理由はわかっていませんが、過去の取材ではスポンサー支援の対象の基準は何かと聞かれ、「見込みがあって頑張っている人」と言っていたそうです。

サザエさんもその基準に沿っての決断だったのでしょうか…?

ちょっと違う気もしますね。

また、高須院長のツイッターでは、このようにもコメントしていました。

高須クリニックの新CMでは、高須院長がピコ太郎の衣装を着用して一緒にダンスしていることが話題になりましたよね。

このCMで子ども達の中での知名度が上がったため、サザエさんのスポンサーとしてもっと身近な存在になって行きたかったのでしょうか?

理由についてははっきりとわかっていません。

負けた理由は?

高須院長が名乗りをあげた当時より、「子どもたちが見るテレビで美容整形のCMはふさわしくない」という声は多く寄せられていました。

しかし、高須院長の前では関係者も喜んでいた様子だったとのこと。

恐らくその当時からフジテレビの上層部などは裏で働きかけていたのでしょう。

高須院長のブログにはこう綴られています。

昨年
広告代理店に提示されたスポンサー料で一番にオーダーした。
広告業界では電話一本で話が決まる
普通はこれで契約は終わりのはずだ
フジテレビの営業も広告代理店も喜んでいた。
鉄板で高須クリニックがスポンサーになると信じて疑わなかった。
いま広告代理店からお詫びの電話がかかってきた。
大企業のスポンサーと代理店との入札競争になってしまい、負けてしまったそうだ。
オークションなら手を上げ続けたんだが・・・入札とは知らなんだ。
広告代理店とスポンサー企業とテレビ局のしがらみや力関係で
こんなことが起こるんだ。

高須克弥ブログより引用

サザエさんの新スポンサーは?

高須院長が力負けしたという大企業とはどこなのでしょうか?

調べたところによると、今回サザエさんのスポンサーとして決定したのは、

西松屋チェーン、アマゾンジャパン、大和ハウス工業など だそうです。

うーん。納得の大企業かもしれませんね。

他に立候補した企業は?

調べによると、LINEも名乗り出ていたようです。

LINEのマーケティング責任者である舛田淳さんも、敗北のツイートをしています。

錚々たる企業が名乗りをあげていたんですね。

さすがサザエさんです。

注目されていた、東芝撤退後のサザエさんのスポンサー。

日曜日の夜、家族そろって観る事が多い番組なので激しい争いとなったのでしょうか?

新スポンサーでの放送は2018年4月〜となりそうです。

楽しみに待ちたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です